将来に残すことができる賃貸経営の良さを大公開

サポートしてくれる

資産運用が流行っています。自宅にいる時でも営業の電話がかかってきて、資産運用はどうですかと勧誘を受けることがあります。
では資産運用はしたほうがいいのでしょうか。資産運用とは今ある資産を運用して、価値を高めることを言います。
特に定年後会社勤めを辞めた後にすることが多いのです。そのため、最低限運用する資金を用意しておく必要があります。
また、知識を蓄えておく必要もあります。なぜなら資産の運用は得する場合だけでなく損する場合も多いからです。
資産の運用の一つに不動産賃貸があります。アパートやマンションなどを購入して、それを賃貸することで家賃収入を手に入れるのです。
うまくいけば不労所得にすることも可能なのです。

資産運用はうまくいけば働かずに収入を得るいわゆる「不労所得」にすることも可能ですが、失敗すると大きな買い物だけあって大きな損をします。
まず、気を付けるべきことは資産を運用する前にどのくらいの収益が見込めるかです。
収益が見込めるかどうかもわからずに購入すればいいだろうという考えではうまくいきにくいのです。
実際にマンションの一室を購入してもなかなか部屋が埋まらずに結局赤字を垂れ流した状態の人もいます。
また、当たり前ですがその不動産の特性を把握しておくことです。
どの不動産にも流動性、安全性、収益性の3つの性質があると言われています。
どの性質も運用するにあたり大事です。
ただしすべてが優れている不動産は普通はないので、あまり完璧を求めすぎると運用する前の段階で時間がかかりすぎるので注意をしておきましょう。